よくあるご質問

 

なぜこのルートなのか?

アフリカは人類の原点です。私たちは皆、アフリカ人です。私たちはアフリカから来ました。だから、キャラバンはアフリカとともに、アフリカで、アフリカを経由して行う活動なのです。

西から東へ、ティンブクトゥからカンパラへ移動しながら、私たちはアフリカの人口の代表的な平均値に出会い、砂漠、サバンナ、熱帯雨林、そしてアフリカの生活様式、芸術、哲学など、あらゆる面のアフリカの現実に遭遇するのです。

キャラバンは、世界の関心をアフリカに集中させる。

 

なぜ、男性と女性が同じ数なのか?

なぜなら、世の中には男女同数の人がいるのですから。ノルマの話は押し付けだよ。いまだに女性の「分け前」について真剣に議論しようとする人は、家父長制、すなわち家父長制的思考が、現在の世界社会のクラッシュの中心的原因であることをまだ理解していないのである。

財産の蓄積は家父長的思考であり、特にそのための物質的な前提条件である。相続の無意味さは元々家父長的思考であり、その結果、人類の1%がほとんど全てを持ち、大多数の人はほとんど何も持たないということになるのである。これは母系制に戻るということではなく、たとえそこで単なる財産制の考え方が広まっていたとしても、その要素を多く取り入れることができるのです。

それは第3の、論理的には同じ重さでしか働かない両者から解放を引き受ける新しい考え方と行動のあり方についてです。陰陽や弁証法、白黒や上下など、人生には二面性があり、その生きた表現が女と男である。

人類が共存していく上で、“何が本当に必要なのか“、“この地球上の80億の人々全てに、どのように世界のものを分配していくのか „という根本的な問題を考え直すとき、““この地球上の80億の人々全てに、どのように世界のものを分配していくのか „ということになります。「男女間のバランス、緊張感、それによって引き起こされるエネルギー、人間的な世界への愛と憧れ、そして男女の異なる表現は、すべてが等しくバランスのとれた結果に到達するために必要な前提条件となります。

 

最初からキャラバンの中心は水です。なぜ、水がないと何もできないのか?

水がなければ何もできないからです。人間は70%が水でできており、5日間水を飲まないと死んでしまいます。

そして、それがキーワードとなる。

人類の60〜70%は飲料水を手に入れることができません。毒水によって、毎日何人の人、特に子供たちが、時に残酷な苦しみの中で死んでいるのか、統計はないのです。

これは現在、自らを「文明人」と呼び、この日々の悲劇に終止符を打つための物質的・経済的手段を持つであろう人類の最大のスキャンダルである。最後の村のすべての人々に飲料水を提供するために必要な世界的な努力は、比較的に犠牲者の数が少ないコロナウイルスに対する現在の世界的な努力よりも少ないだろう。豊かな国々が飲料水不足の被害者を助けようとしないのは、不作為による大量虐殺に近いものがある。

 

なぜ超宗教的、超文化的なのか?

あらゆる宗教、文化、哲学は、人間が共存するための初歩的な疑問に対して、必要ではあるが十分ではない答えを与えてきた。それらは個人のアイデンティティを与える要素として不可欠であり、その価値観は私たちの思考の基礎となるものだが、万人に通用すると主張すれば、自らの主張とは逆の戦争や相互破壊につながる。

もし神が唯一であるなら、神はすべての宗教と文化を創造した。それは、すべての人間が自分に合った個々の祈りの形を見つけ、自分の行動において自分の宗教の価値を実現できるようにするためである。

それは文化の対話のことであり、だからこそワールドワイドウェブでのキャラバンの名前にもなっている。人々の多様性は、人類の無尽蔵の最大の富である。世界中のあらゆる文化圏の女性と男性が集まれば、お互いを理解するだけでなく、計り知れないほどの豊かさを得ることができるのです。

 

なぜ、下からの参加型の取り組み以外に方法がないのでしょうか。

なぜなら、キャラバンで開発され実現されたキャラバンの共存のための組織の構造は、世界の人々の共存のための構造のモデルとなるべきものだからです。

上から目線の処方箋は、まさに廃絶すべき権力構造の再生産につながる。それは、人が人を支配することを終わらせることに他なりません。人間は悪だ」などという話は時代遅れだ。

与えられた条件のもとでは、大多数の人々には、それを示してくれるアルファ動物と同じように悪者になる以外、何も残らないのが普通だ。人間は模倣によって学ぶので、模倣するための別のモデルを提供されなければならない。ほとんどの人は、確かに大多数が悪者である人間の力アルファ動物の圧倒的な力の前に、自分自身を諦めてしまっているのだ。

キャラバンで実践された対話の文化、その小さな底辺での実現、最も難しいことではあるが対話の文化が本当に可能であることの確認は、キャラバン中に行われる5つのフェスティバルで世界中の人々に紹介され、世界中に放送され、世界中の人々に模倣するように呼びかけられるだろう。

現在の構造を上から下へと逆転させ、ボトムアップで共に生きる可能性を実現する模範となることが、キャラバンの道であり目標なのです。

 

キャラバンでは、アートはどのような役割を担っているのでしょうか。

中心的な役割。キャラバンで得た新しい社会的共存の形の経験、抑圧のない新しい政治モデルの探求の成果、イデオロギー交流で得た新しい洞察を感覚的に伝えることがアートの仕事である。

音楽、ダンス、パントマイム、彫刻、絵画などの芸術は、言語に依存しない唯一のコミュニケーション形態である。それ自体が異文化コミュニケーション手段なのです。

そのため、ワールドワイドにアピールできる5つのフェスティバルを開催することになりました。21世紀の洞窟壁画と31世紀の洞窟壁画を同時に鑑賞できる「チベスティ祭」の放送も見どころのひとつです。

フェスティバルと並行して、アーティストの出身国では、地元の文化団体が主催する文化イベントが開催されます。例えば、ベルリンの「Haus der Kulturen der Welt」がチャドウィークエンドを開催し、レクチャー、映画、展示、朗読などを行い、バマコのフランス文化センターが中国のシンギングボウルを使ったイベントを開催するなど、いろいろなことが考えられます。

カンパラでの最後のフェスティバルでは、トンブクトゥからカンパラまでラクダの背に乗せた日本の湧水を満たした雫型の巨大なグラスがビクトリア湖に注がれる予定です。すべてのアーティストがUnited World of Artを代表するアーティストとなります。

 

キャラバンは、ヨーロッパ中心主義にどう対処しているのですか?

ヨーロッパ中心主義は、愚かさ、狭さ、孤独、既得権益です。

ここで最も馬鹿げているのは、ほんの一例を挙げると、「貧しいアフリカ人」の手に金を渡す寛大な「援助者」の優越感である。なぜなら、金を受け取る側は、より多くの金と優れた武器を持っているから「優れている」と考えるこれらの馬鹿を笑うだけだからだ。実際には、両方の文化を知っていて両方の恩恵を受けているため優れていると言える。開発資金こそが腐敗の元凶なのである。イコールフッティング」という言葉は、それを口にする人たちの相手に対する侮蔑を裏切るだけである。

これを変える最初の方策は、ブリジット・アーラーが1989年の著書「死んだ援助」ですでに要求し、ダンビサ・モヨが2014年の著書「死んだ援助」で要求したように、そしてアフリカの知識人や経済人が長い間要求してきたように、すべての資金を代替なしに取り消すことであろう。アフリカの例を挙げれば、援助は必要ない。

ブルキナファソのトマ・サンカラ大統領は、欧州中心主義に対処する最良の方法を示した。彼は、貸し手だけでなく、特にフランスのフランソワ・ミッテラン大統領を笑ったが、もちろん彼は生き残ることはできなかった。

ヨーロッパ中心主義は、異なる意識によってのみ対抗しうる態度である。この意識は、自分が優れていると感じる人たちと一緒に生活する経験から育まれる。この体験は恥を生みますが、それを許せば幸福を刈り取ることができます。それが、キャラバンという発想の背景にあるのです。

私たちは、たとえ善良な人であっても、この誤った意識の残骸を自分の中に抱えています。

また、正しく加害者を軽蔑する欧州中心主義の被害者たち。被害者と加害者が実存する条件のもとで長い間一緒に生活し、意見を交換することで、このような経験をすることができるのです。態度というのは無意識から供給されるものですから、知的な知識だけでは変えられず、無意識のレベルでも挑戦していかなければならないのです。

 

なぜ、船ではなくキャラバンとして、例えば新しい「ノアの方舟」のようなものを実現しなければならないのでしょうか。

船には船長が必要ですが、キャラバンでは船長がいなくても、共通の道筋のデザインをみんなで決めていくことができるのです。

動物には第一人者が必要ですが、ローレンツ以来、その第一人者は人間でもあり得ることが知られており、それがノアだったのです。

動物と人間の違いは、人間はもはやアルファ動物を必要としないことであり、リーダー、グル、救世主を必要としなくなったとき、初めて人間であることができる。もう旗を追いかけるのではなく、自分の夢に導かれるようになったとき。

アルファ人がいまだに人の運命を決めていることが、人類が奈落の底に突き進んでいる原因なのです。だから、私たちはまだ前史の中にいるのです。

人類の歴史は、こうした動物的起源から切り離されたときに初めて始まるのである。知能技術に至るまで、何千年もの間、言葉にできないほどの努力で作られた発明品を、権力の道具としてではなく、何のためにあるのかのために使ってこそ、人類の歴史は始まるのです。自然界に必要な仕事から可能な限り解放され、この地球上にいる80億人の一人ひとりが、個性を伸ばし、他の誰とも違う存在になるための最大の自由を手に入れること。人間の多様性は人間の最大の財産であり、交流と相互受精は、現代の私たちにはまだ想像もつかない多様性と開花・発展の可能性を持っているのです。

人が良いか悪いかではなく、その人がどう生きるかを考えることが重要なのです。この同居の可能性にようやく気づき始めるのは、歴史的に見ても今がチャンスなのだ。人類代表のキャラバンとしてのキャラバンは、そのための第一歩なのです。

 

この新しい世界の基盤は何なのか。

これらは、まさにキャラバンで議論されるべきことです。誰も、どんなイデオロギーも、どんな宗教も、そして確かにどんなグルや哲学者も、どんなに賢明であっても、これらを単独で、あるいは少人数で処方することはできないのである。そのためにこそ、キャラバン開始前にプロポーザルを提出し、そこで詳細を検討するのです。

例えば、ギリシャ民主主義の原点に戻ろうという提案もある。哲学者のハンナ・アーレントは、権力がなくなると同時に、いわば自動的に形成される人間の組織の自然な形であると言っている、人々のランク・デモクラシー組織という考え方がある。最もよく知られた例はクロンシュタットである。ソビエトによるこの開発の破壊は、革命の終焉であり、最大の犯罪であった。ワルシャワ・ゲットー蜂起の時の人々の自己組織化、この状況下で陽気な文化の隆盛まで、もう一つの例である。

これらをまとめて、長い時間をかけて議論していくのです。

その中で、文化の対話のために必要なのが「対話の文化」です。つまり、自分の考えを相手に納得させようとするのではなく、自分の考えを提示し、相手の話を聞いて、必要なら自分の考えを変えようという素直な気持ちで反省することである。それが一番大変なんです。この対話の文化はマリで実践され、何千年にもわたって成長してきた彼らの文化は、この世界のすべての人々の模範となるべきものです。

 

すべての活動を文書化すべきとはどういう意味か?

ディスカッションやアーティストのグループは、文字、音声、映像などのメディアを通して、個人またはグループで、キャラバンの間に経験した人々や環境、そして特に自分自身についてのドキュメントを作成します。

非日常的な状況は、この取り組みを多様に記録する非日常的な作品を生み出すでしょう。

それは、この特定の星座の自由な交換の経験への洞察を示すという目的です。

外国人、文化、言語とともに生きるということを広める機会。

この考えを、宗教的教義やイデオロギー的命令、政治的権力としてではなく、人生のあらゆる領域を映し出す分析、事実の報告、芸術という形で還元する可能性です。

 

この旅に1年もかける余裕のある人はいるのだろうか。

誰もが望む限り、あるいはできる限り、参加することができます。参加者が世界各地、あらゆる文化、宗教、言語の人々と交流する機会を持つことを考えれば、1年間は決して長い時間ではありません。まさにスローな旅は、キャラバンの哲学の重要な一面です。

 

スターは、より多くの宣伝のために採用されているのでしょうか?

いいえ、このアイデアは公開され、どのような形でも参加したい人は歓迎されます。スターも大歓迎です。参加アーティストのほとんどは、その環境下でよく知られた人たちです。もちろん、海外のショービジネス界のスターも参加しないわけではありません。

キャラバンの枠組みの中で、できるだけ対照的な出自のアイデアを融合させることで、新たな気づきや行動への提案が生まれること。それが、キャラバンのユニークな取り組みです。そして、それこそが公共の利益であり、スターではないことに注目すべきです。

 

そのために必要な資金は?

2億5,000万USドル。

 

それは大変な金額です。誰がお金を出すのですか?

„大金 „というのは、見方によるものです。キャラバン隊が聖書のような世界規模の活動であることを考えると、2億5千万ドルは決して多くない。為替変動による1日数十億円の損失を吸収できることを考えると、キャラバンに出資してくれる産業界がたくさんあることを期待したい。

関係各社は、この人類プロジェクト、すなわちグローバリゼーションの積極的な変種を実現することを光栄に思うべきである。この取り組みに協賛することで自社を宣伝することはできますが、キャラバンは彼らを宣伝しませんし、彼らの名前やロゴは出版物には掲載されません。

また、全世界のテレビ局に放映権を提供する予定です。これは、現在放送中のキャラバンのドキュメンタリーでも予定しています。

 

参加者はどのような報酬を受け取るのですか?

それぞれのニーズに合わせて。それは難しいだろうが、解決できる。原則は100%透明な会計です。使ったお金はすべて登録され、誰でも見ることができます。なぜなら、この種の活動では、人々が自分自身を豊かにしようとする危険性が大きいからです。これでは、世界の多くの人々を犠牲にして少数の人々が豊かになることを終わらせるという、キャラバンの中心的な考え方が崩れてしまいます。

 

不幸な地域を渡り歩き、お腹いっぱい食べるにはどうしたらいいのでしょう?

貧富の差が開くのは、ごく身近にいるときだけではありません。他の人が飢えているのに、どうして自分は食べられるのだろうという疑問は、不幸な地域から遠く離れているときにも抱かれるはずです。キャラバン隊に関する報道では、この点を特に強調する必要がある。ちなみに、シャンパンやサーモン、キャビアは用意しない。確かに非常時には十分な食料と医薬品を用意しますが、キャラバンは慈善事業ではありません。キャラバンは「文明の衝突」の反証であるが、世界の飢餓をなくすのではなく、その条件を整えるためのものである。

 

関係国にとってのメリットは何ですか?

まず、通過する地域の人々と密接に仕事をすることで、仕事や人間関係が生まれ、願わくばパートナーシップや新しい視点が生まれることを期待します。第二に、アフリカ全般、特に私たちの受け入れ国の取材は、災害や悲惨さによって決まるのではなく、そこに住む人々、その文化や生活様式によって決まるということです。

これは、他の国々がアフリカから学ぶ機会であり、平等なギブアンドテイクを可能にするものです。キャラバン隊は、アフリカに対する新しい意識と認識、そして物質的な支援ではなく、新しい姿勢を目指すものです。

 

どうすれば直接、積極的に参加できるのか?

質問をして、資金調達を促進する。

キャラバンの人たちの仕事は、事前にまとめられた質問に答えること。アンケートをさらに発展させることは、スマートテクノロジーによってすぐにでも世界中で取り組むことができる喫緊の課題です。

このアンケートの作成で、プロジェクト全体が成り立っているのです。

ここでは、世界中の人たちの自主的な協力がすぐに始められるのです。ここに、世界中の人々のルールなき協力が可能であることが、余すところなく証明されたのです。これには、これまで自動プログラムでしか実現できなかった、できるだけ多くの言語へのウェブサイト翻訳も含まれます。

約2億5千万ユーロの資金は、この世界の大企業にとっては微々たるものである。

2002年、ドイツの財務経済大臣ヴォルフガング・クレメントは、この金額を工業会社10社から集めようとしたが、当時のヨシュカ・フィッシャー外相に阻止された。この世界的な取り組みには、1人、1社、1国ではなく、少なくとも10人が資金を提供しなければならないことに変わりはない。ヴォルフガング・クレメント氏は、「グローバルピースキャラバンは、特にドイツにとって、歴史的な負債の一部を返済するチャンスになる」と考えていた。

これらのアイデアは、意思決定者の目に留まる機会があれば、誰でもその実現に貢献することができます。

 

なぜ、「飲料水」構想がキャラバンのスタート地点なのか?

なぜなら、数え切れないほどの人々、特に子供たちが、他の人類が、すべての生命の最も最初の基本的な欲求である飲み水を満たすことを可能にしないために苦悩のうちに死んでいる限り、人間の基本的欲求とその満足について考えることは、政治的にも精神的にも弁解できない罪となるからです。